月別エントリ
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
記事投稿

最近のコメント

アンタレス
2018-12-06 22:32:03
やまぽん
2018-12-05 00:23:40
アンタレス。
2018-11-17 22:18:45
中村つ
2018-11-17 05:45:50
アンタレス
2018-10-16 23:02:45

side_img

昨日は千歳でセミナー   投稿日時:2014-04-28 23:28:02


今年はセミナーJAF主催でレンタル車両があったせいか、50台近い

参加者がいましたね、当日来て受け付けてもらえない人もいたようですね。



エントラントが沢山いましたよ。

まあ、何事もなく無事終了というところですね、ふだんなかなかおしゃべり

する機会もないし、載せてもらえることもないので、JAFはこういうイベント

をこれからも続けていかなければならないと思います。

ひとつ言わせてもらえば、講師などの選択などは誰がどういう考えで決めて

いるのか? こういうイベントに来て頂ける人は走りとか本物の競技車に

憧れて来ると思うのだが、せっかく受講料払ってきてくれているのに、

本番車にのれたのは数人でしょう、 本当にモータースポーツの将来などを

考えてこういうイベントやるなら、頭で采配する人たちがみんな本番車を

もって来て、見せてあげたり載せてあげるべきでしょう。 

もってはきてないがみんなバリバリの本番車持っているのだから。 

走らせると車は消耗します、当たり前、自分の車だけ消耗させたくないのですかね

モータースポーツはある種のあこがれ、それなのに、北海道にはエボ10等

何台もあるのに、一台も無いなんて、これじゃあこがれないですね。

本番車が数台いて、真剣に走らせてくれていたからいいようなもんで、みんなボロ

車に乗ってサー乗ってくださいといっても憧れないと思いますね。

モータースポーツは紳士のスポーツであるという自覚は必要でしょう。

車もぴかぴかに掃除してあってあたりまえ、服装もそうである。

自分の知っている内地でモータースポーツ長くやっている有名人は、こういう

イベントに行く時は必ずピカピカの本番車で、きて頂いている人に失礼に

ならんように真剣に走ってあげると言っておりました。

主催する側の思考回路が全然違うのですね。 JAFもやるなら、せめて

みんながあこがれるような本番車など、展示でもしてくれたらもっと盛りあがる

かも。 


編集  削除

コメント一覧

投稿者:

コメント:

パスワード: