月別エントリ
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
記事投稿

最近のコメント

アンタレス
2020-10-07 23:58:12
丸目の門
2020-10-07 15:25:38
アンタレス
2020-10-06 19:24:11
中村つ
2020-10-06 05:22:17
アンタレス
2020-10-03 14:08:49

side_img

オークション会場に   投稿日時:2020-10-14 22:45:30


今日は札幌のオークション、目ぼしい車は無かったのですが、昔、自分が

とても欲しい車が出品されていました。 

それはルノールーテシア スポールV6のF6速3000ccの車です。



ミッドシップの二人乗りです。室内にエンジンがのっかってます。



後ろからみると張り出したボディが迫力です。

帰って来てから昔ルノーがとても好きで欲しかった記憶がよみがえり、

色々調べてみました。

一番欲しかったのはルノーアルピーヌA110 RRでした。 この車はWRC

レジェンドカーなのです。73年からWRCが開始されグループ4初戦の

モンテカルロで表彰台を独占してWRCシリーズでは13戦中6勝を挙げ

WRC初代チャンピオンに輝きラリー史に名を残した車なんです。



その後継がルノーサンクターボになりグループBで290馬力位で

これもラリーで活躍した名車なんですよ。



最近はどの競技車輌も大きく迫力あるが、やはり昔の車のような小さな

ボディにハイパワーエンジンがのっかった車がいいですね。

ちなみにサンクターボは全長3,66メー アルピーヌは3,85メータしか

なく車重は600キロ台だったとおもいます。

こんな車運転してみたいですね、 RRやMRの車は自分も色々乗って

競技等やっていましたがまともにハンドル切るだけではコーナを廻り

こめなく逆ドリフト等しなければならなかったりリヤがスライドすると

止まらなくそれらをコントロールしながら乗るのは難しくそして楽しい

ものでした。

最近の若い人達はそういう車も無く乗る機会もなさそうで残念ですね。

編集  削除

コメント一覧

投稿者:

コメント:

パスワード: