月別エントリ
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
記事投稿

最近のコメント

やまぽん
2017-07-23 00:13:39
いた
2017-07-11 13:13:39
アンタレス
2017-07-10 23:47:41
いた
2017-07-10 22:02:24
アンタレス
2017-06-27 23:29:41

side_img

なにかしっくりきませんね!   投稿日時:2015-03-28 01:43:32


今朝の朝刊の記事の中にちょっと疑問が残るものが2つもありました、

二つとも裁判のことなんですが、自分流に言うと自分の過失を棚に上げ

なんでも人のせいにして裁判、人それぞれ考え方は違うとは思いますが、

今回は自分はどちらの裁判も納得いかない感じがします。


一つは積丹岳に悪天候になるのを解かっていながらボードをしにいき

山岳救助隊に救助されながらも救助隊の過失があったため死んだのだから

道に損害賠償を払えというものだったが、それが認定されちゃいましたね、

かってに山に入り、救助要請、救助の仕方が悪いと救助隊を訴える、

なんか変ですね、所詮全て自己責任だと思うのだが、警察は山岳遭難

救助は義務では無い中、吹雪の中自分の生命も危ういなか一生懸命

やっていただいているのに、こんなことがまかり通るなら、救助活動

も萎縮してこれからいろんな影響が出てくるようにおもいますね。


もう一つの裁判は日本ハムに対してファウルボールが目に当たり右目を

失明した女性にたいしての賠償命令のことです、これも自分流に言うと

ホームランやファウルボールは観客席に飛んでいくのは当たり前で

観に行く側も、そう言う臨場感が良くてて観にいくのであるからには

リスクは当たりまえだと思うし自分の身は自分で守れない人は、そういう

所に近づくべきでは無いとおもうのですがね。


最近はなんでも裁判、他人のせい、勝てたらラッキーなんていう裁判

ばかりがゴロゴロしている世の中になったようなきがしますね、 

日本も欧米に見習っているのか、何でも裁判世界に成って行きつつ

ありますね。 生きづらい、いやな世界になってきているように思い

ますね。











編集  削除

コメント一覧

  • 投稿者:やまぽん 日時2015-03-28 02:18:46    削除する

    最初の方のは、訴訟当時から話題になっていましたね。
    ニュースで地元の救助隊の方も、救助に行けなくなるとか仰ってました。
    しかも救助隊が警察とか公務員だと救助費請求が無いんですよね。

    有償化しなきゃ難しくなくのかもしれませんよ、この問題は。


     
投稿者:

コメント:

パスワード: